ヒマラヤトレッキング2012/01/28 09:57

仲間とタダパニからアンナプルナ南峰
この1月14~22日、とうとうヒマラヤトレッキングに行ってきた。
「とうとう」というのは、実は1年3ヶ月前からの計画だったからだ。
大学に入学して直ぐの夏、高校のクラスメート4人(1人は事故で大学院卒業して間もなく亡くなっている)で丹沢を縦走したのだが、1年3ヶ月前のクラス会で、その1人が「海外の山に行こう」、もう1人が「それじゃあヒマラヤだ」という話になった。
翌年の夏、行こうと調べたら、ヒマラヤは夏は雨季で肝心の山が拝めないと判明、メンバーの日程調整もあって、今月ようやく実現したという訳だ。
なかなかに興味深くまた素晴らしい山旅だった。仲間の提案が無かったらまず行かなかったと思う、感謝。

日光小太郎山再び2011/11/15 10:49

女峰山縦走路から眺める太郎山
日光女峰山縦走からの眺めが見事だったので、先輩から太郎山にも登ろうと誘われて、この13日日帰りで登ってきた。
実は何年か前、夏に志津乗越の手前の林道からピストンして登ったのだが、今回も同じコースで、太郎山の先の小太郎山まで足を延ばした。
太郎山までは一挙によじ上るように720mを登り詰めるのだが、太郎山から小太郎山の間は比較的高低差は無い。途中楽しい岩場があって変化に富み、また小太郎山のさえぎるものの無い中禅寺湖が眼下に広がる眺望が素晴らしい。小太郎山からは、太郎山の切り立った断崖の尾根も見事だ。
途中、新薙という大きなガレ場を渡るのだが、先輩は遊び心が出たらしく、渡らずに巨岩を縫ってガレ場を詰め、藪こぎして噴火口である花畑に抜けたりした、ほんとうに楽しかった。

日光女峰山、小真名子大真名子山縦走2011/10/16 21:24

竜巻山から眺める女峰山
業界の先輩と、この12~13日、日光女峰山、小真名子山、大真名子山を縦走してきた。志津乗越に車を置いて荒沢出合から登り唐沢避難小屋に一泊、翌日帝釈山→富士見峠→小真名子山→大真名子山→志津乗越。
日光女峰山は、男体山が夫でその妻、間の大真名子山、小真名子山が長女次女、少しはなれて聳える太郎山が長男とか。男体山とほぼ同じ高さなのだが、どっしり構える男体山と比べて女峰山はギスギスと荒々しく、これはこのあたりの家庭を反映しているのかな、なんて思ったりする。登り甲斐のある変化に富んだ縦走であった。
初日は少し雨がぱらついたが、翌日は見事に晴れ、秋山を満喫できた。
唐沢避難小屋に早めに着いたので、竜巻山まで往復した。先輩が、自宅から女峰山東面が眺められ、その巍々たる山容に魅せられていつかは登ろうと考えていたとの事、竜巻山の稜線に登って東側を見渡すと、激しく崩れ大きく落ち込んだ断崖、その向こうには岩峰が連なり、凄まじい風景が広がっていた。岩峰には霧が巻き、まるで中国山水画の世界であった。
小真名子山、大真名子山も、形はまるで三角おむすび、それを登山道は真一文字に登って下っている、きつい登りではあったが、なかなかに楽しめた。
唐沢避難小屋では、我々2人の他に、遅れて訪れた単独行の男性が泊まった。話を聞くと、単独行でよく中南米の高山に登っているとか。中東にもいい山があるなども。グレートサミッツというBSNHKの番組があるが、海外の山まで足を伸ばす一般人の山好きがいるとは驚いた。確かに、世界には面白そうな山がたくさんある、そんなところに行ける時代になったのか。

念願の富士登山2010/07/28 07:50

富士山頂で仰ぐ御来光
7月26、27日の2日間かけて、富士山に登った。

実を言うと富士山には、小学校4年の夏休みに、喜寿の祖父に率いられて父や兄と4名で登った。夕方麓の1合目から登り始めて徹夜で登り詰めて頂上で御来光を仰ぐ、そんな登山であったが、私は父や祖父が心配して8合目の小屋に置いてきぼりにされた。満天の星と麓の街の灯の間を、運動靴のゴム底から伝わってくる冷気に耐えながら、ふらふらと登った記憶が甦る。
そんな富士山、今年1~2月富士山麓の現場に詰めていたことから四六時中富士山を眺めていたこともあり、還暦・定年記念登山を思い立った。
コースは昔と同じ須走り口登山道、娘も同行するということで、本8合のトモエ館に予約を入れての富士登山。

7月26日
08:20 須走り口登山口手前の道路脇に駐車し出発
08:30 須走り口登山口
08:35 古御嶽神社
09:38 六合目長田山荘
10:20 本六合目瀬戸館
11:36 七合目太陽館
12:15 本七合目見晴館 標高3200m
12:48 下江戸屋分岐
13:14 本八合目トモエ館着 標高3400m 泊
7月27日
00:30 本八合目トモエ館発
01:04 御来光館
01:25 富士山頂
04:46 富士山頂にて御来光
05:00~06:55 お鉢めぐり (5:50 剣ヶ峰 3776m)
07:10~07:40 本八合目トモエ館
09:10 須走り口登山口

和名倉山2010/05/03 11:21

30日は将監小屋を早朝に出発、今度は和名倉山を往復し、車に戻って丹波山荘に泊まった。

和名倉山、秩父湖から雁坂峠の間にどっしりと座る塊のような山で、唐松尾山への分岐から延々と穏やかな上下の道を歩かねばならない。
しかしながら、天気に恵まれ、左右に広がる展望を満喫する爽快な道行であった。途中岩場や深い森林もあって変化に富み、楽しめた。
登る人などそういないだろうと考えていたがなかなかの人気?10数パーティーに会ったように思う。

和名倉山への分岐に入ってまもなく、熊の新しい足跡を見つけた、鹿や小さな4つ足もたくさん、さすがに奥秩父、獣の王国である。

気をつけねばならないのが和名倉山山頂周り、迷いやすい。
何故か大きく弧を描いて山頂に辿り着くが、あまりになだらかかつ木立の中で、登りきった感慨が湧かない。おまけに下りはいつの間にか秩父湖に抜ける180°反対の道に入ってしまった。10分ほど歩いたところでGPSコンパスで確認して気付いたから良かったものの、秩父湖に出たら予約していた丹波山荘に泊まれなくなるところだった。

05:40 将監小屋
06:00 唐松尾山・和名倉山分岐
10:15 和名倉山山頂
14:45 唐松尾山・和名倉山分岐
16:10 しゃくなげ荘駐車場

丹波山荘、料理がとても美味しかった。〆に出た手打ちそばはなかなかの味であった。

二子山遠望2009/11/07 10:45

晴天の元に遠望する二子山
実は、11月2日には、二子山に登る予定であった。

神流川から八丁峠を経て二子山登山口まで入ったのだが、その頃から霧と雨が本格化してきた。
二子山は知る人ぞ知る岩峰、ホールドには困らないとか聞くが、雨に打たれた岩は滑りやすい、視界もきかず位地が判りづらい。これでは眺望も望めず、下手をすると滑落しかねないと皆で判断、又の機会にすることにした。

翌日の、晴天の元に遠望する二子山は、我々を誘って止まない。

麓で出会った子イノシシ2009/11/07 10:17

遭遇した野生の子イノシシ
車を置いて天丸橋に向かって歩き始めて間もなく、可愛い子イノシシと遭遇した。
我々の先に道に沿って走ってから、数m離れたあたりでしばらくじっとしている、しっかり写真を撮らせてもらった。

11月15日から狩猟解禁と聞いた、写真を撮られるくらいだから警戒心も薄く、まっさきに狩られそう。
昨晩すりばち荘で、舌鼓を打ったぼたん鍋が頭を過ぎった。

帳付山への道2009/11/07 09:59

岩だらけ、踏跡に近い帳付山への道
それとは対照的な帳付山への道、
岩峰をまく急峻な斜面をトラバースし、岩をよじ登り、痩せ尾根を渡って、雪を纏った尾根沿いをたどらねばならない。

踏み分け道に近く至る所でルートファインディング、あちこちに断崖が切れていてまるでブービートラップ、滑ったり転んだり踏み外したりすると大怪我は免れない。

途中一度だけ、朝早くに登り始めたという単独行のベテランと会ったが、踏まれたばかりの熊の足跡があったとか。

丹沢雨山峠から鍋割山2009/10/18 06:20

丹沢雨山峠から鍋割山の鎖場
昨日急に思い立って、丹沢に登ってきた。
家を出るのが遅かったので、気になっていた近い鍋割山を選び、やどりき水源林のための駐車場脇に車を置かせてもらって鍋割山を一周した。

09:30 駐車場出発
11:00 雨山峠
11:50 鍋割峠
12:10 鍋割山山頂 1272.5m
12:45 後沢乗越
13:05 栗ノ木洞 908.3m
13:35 櫟山を経て林道
14:15 駐車場帰着

晴天を期待したのだがあいにく曇り空、それでも何とか遠くの山まで看ることが出来、色付き始めた秋山を堪能することが出来た。
道は過剰なくらいよく整備されていて、鍋割山から先は、上り下りの登山者も多かった。
特筆すべきは雨山峠への詰めと、雨山峠から鍋割山にかけての稜線。
雨山峠への詰めでは、胡麻塩花崗岩が沢でえぐられたU字回廊を登る登山道となっていた。
また、雨山峠から鍋割山にかけては痩せ尾根が続き、何カ所か岩場もあって楽しませてくれた。踏み跡はあるもののもう秋、落ち葉ですっかり覆われていて、幾重にも重なる山々、深山幽谷の奥深い山峡に、心身が洗われた。

富士山初冠雪2009/10/09 22:16

10月7日午後、姿を見せた初冠雪の富士
たまたま台風が来る前後、富士山の裾野、かなり上の方の現場に出張していた。
台風上陸前日7日の午後、そこのお客さんから「富士山、初冠雪してるよ」と声をかけられた。
「えー、本当ですか?」と外に出て眺めてみると、台風に向かって流れる雲がたまたま遠去り、すくっと秀麗富士が姿を現している、そして雪をいただいている。
あわててカメラを持って戻り、シャッターを押した。

そのすぐ後、富士山は流れてくる雲に隠れてしまった。
夜のTVで、確かに富士山初冠雪のニュースが流れた。

翌日、雪はさっさと姿を消した。
もう秋、そして冬。山は紅葉が始まる。