八ヶ岳再び2009/08/09 08:35

赤岳直下を行く先行の御夫婦
昨日8月8日、八ヶ岳に日帰り登山してきた。
実は、前夜発一泊二日での穂高岳再チャレンジを計画していた。ところが、会社の後ろの席にいる日本山岳会員が、「最近は大気の状態が不安定だし、山の上は天気が異なる。日帰りやエスケープルートのあるコースを選んだ方がよい。」とアドバイスしてくれた。そこで、急遽、アプローチの短い八ヶ岳に変更した。

 02:00 美濃戸口/赤岳小屋駐車場(\1,000/日)着
 04:15 駐車場出発
 06:15 行者小屋
 07:40 阿弥陀岳山頂
 09:15 赤岳(2,899m)山頂
 11:00 三叉峰
 12:00 硫黄岳(2,760m)山頂
 13:15 赤岳鉱泉
 14:15 美濃戸口/赤岳小屋駐車場帰着

幸いにも天候に恵まれ、霧が立ち上ってくるためその合間を縫ってではあるが、山頂からは富士、南・中央・北アルプス、奥秩父の山々を眺めることができた。岩場や咲き誇る高山植物も思う存分堪能した。

タイトルを「八ヶ岳再び」としたのは、実は、麦草峠から南に縦走したことがあるためである。大学生時代の、美術部の山好き3人での登山であった。
ところが、その山行きの記憶はほとんど無い。泊まった山小屋の水が、雨水を溜めたドラム缶のものであったこと。縦走を終えて暗くなり麓を歩いていたところ、花屋のおばさんが車に乗せて、小淵沢の駅まで送ってくれたこと。そんな強い印象のものしか思い出せない。
40年近く経った記憶とはそんなものか、と、愕然としたが、おかげで新鮮な山行きであった。
赤岳小屋からの道を単独行の若者が歩いていたので、花屋さんの記憶もあって、2人バス停まで乗せてあげた。けれども、却って迷惑だったかも知れない。

自家製柿の葉茶2009/07/28 22:32

自家製柿の葉茶
先月のことだが、庭の柿の木の葉を集めて、柿の葉茶を作ってみた。その時試しにいれたお茶は、癖も無い代わりに味も薄くてもの足りず、そのままにしていた。
昨日、思い立って、試しに普通の緑茶の倍ほども濃くいれ、冷蔵庫に冷やしておいた。それを娘が遊びに来て飲み、「美味しい、好きだわ」と言う。濃いとそれなりに味が出てきて、なかなかいける。

実は、庭に投げた柿の種が発芽して成長した木が2本あった。あったというのは、2本とも、10年近くして花が咲いたところ男木と判明、実がならないので、根本から切ってしまった。10年近くたっているのでもちろんそれなりのしっかりした切り株。そのまま放置して朽ちるのを待つことにしたのだが、ひこばえが生えてきてそれなりの柿の木に成長した。
あまりにも見事な葉なので、悪戯に、それで自家製柿の葉茶を作ることにした。なにせ無農薬だから、健康的にも安全である。

柿の葉茶は、ビタミンC前駆体が凄いらしい。
インターネットで調べると、蒸して乾燥させ、それを粉にして使うように書いてある。しかも、ビタミンC前駆体は水に溶けやすいので、蒸す際に生じた露は捨てないで、葉に吸収させる形で乾燥させるとか。
「それなら、生の葉を直接熱風乾燥してやれば良いじゃないか」そんな発想で、作ったものが、写真。
きわめて安直で簡単だが、栄養が逃げず香ばしい茶が作れる。

①まずは、葉を摘んで、屋内で2日ほど陰干しする。
②高速ガスオーブン140℃の設定で、設定温度まで昇温した中にトレーに載せた陰干し柿の葉を入れ、数分間熱風乾燥させる。
③パリパリになった柿の葉を手で揉むと細かく砕けるので、それを茶筒に保管する。
もちろん、手で揉んでも砕けない柿の葉は、乾燥が十分でない。140℃設定の高速ガスオーブンに入れて再度数分間熱風乾燥させると良い。

陰干しせずに摘んだ葉を直接、高速ガスオーブンで乾燥させても良いような気もする。
屋外に干すのは、風で飛ばされてしまうので、やめた方が良い(経験者=私、談)。

登山と献血2008/11/23 09:33

私の献血手帳
今回の大山北尾根、実は北端の一ノ沢峠から延々と大山まで登り詰める計画であった。
しかしながら窓から見る富士は、朝澄み切った姿を見せても、決まって昼頃には霞んだり雲に覆われたりしてしまう。そこで、眺望を楽しむためには、最初に大山に登ってしまう必要がある。

もう一つ、実は、前日に400mlの献血をしたのだ。
以前、献血の翌日にジョギングしたところ、辛くて若干タイムが落ちたことがあった。
そこで、北尾根は楽な下る形となる、大山から一ノ沢峠へ歩くコースに変更してもらった。

結果は、特に「血が薄くなった」と感じることはなく、しごく快調そのものだった。
これは、10月半ばに皇海山、2週間前には金峰山と瑞牆山と、比較的ハードな山登りを繰り返して、血のヘモグロビンが濃くなり献血の影響を受けにくくなってきているためかも知れない。
以前山登りして2週間ほどしてから献血した際、測定結果を見たところ、ヘモグロビンが濃くなっていたと記憶する。

体験的にも、毎月山に登ると、山に登っても息が切れたりすることが無くなってくる。
いわば一種の高地トレーニング、山登りは体に良いのだぁ。

あと、山登りで鍛えた血のパワーを使ってもらうのだぁ。
献血回数計18回、最近は年に2回400mlしている、献血には停年がある、あと何回出来るかなあ。

大山北尾根2008/11/22 11:38

東京の席からの富士と大山北尾根からの富士
今週の東京、朝は雲一つ無い快晴が続いている。
そんな日は、私の執務している机から、窓越しに富士の頂が望める(写真上の濃い部分)。
窓から眺めると富士の手前右側に丹沢表尾根~主脈、更にその手前富士の左側には大山。

今日、いつもの山仲間から誘われて3人で、この大山とその右側になだらかに伸びる大山北尾根に登ってきた。
ちょっとイタズラに石油コンロを持参、途中のミズヒの頭で陽を浴びながら3人でカップラーメンをすすり、晩秋の山を満喫した。
北尾根では、途中、単独行の人二人と会った、踏まれていない訳では無い。だが、落ち葉で覆われた道は判りづらく広い尾根では迷いそう。岩が剥き出したりガレたりした痩せ尾根も多く、経験者同伴でないとお勧めできない、登山地図の波線たる所以か。
また、大山から下ったので楽であったが、急峻なところが多くあり、逆コースは延々とアルバイトを強いられそう。
  8:00 車をヤビツ峠の無料駐車場に置いて出発
  9:00 大山登頂
  9:30 大山山頂出発
 10:30~11:30 ミズヒの頭でカップラーメン
 11:40 送電線鉄塔
 12:40~13:00 一ノ沢峠
 13:25 物見峠入り口の富士熊川脇林道
 15:00 林道を通ってヤビツ峠帰着、ちょっと先にある名湧水、
       護摩屋敷の水を汲んで帰宅

霜柱が立つ登山道には落ち葉が一面敷き詰められて、葉を落としきった梢を通して西には関東平野を一望、東には秀麗富士。
写真下はその富士、丹沢表尾根の先に現れた伸びやかな姿はまさに千両役者。

この季節に金峰山と瑞牆山2008/11/11 06:21

金峰山より望む瑞牆山と八ヶ岳
11月9日の日曜、金峰山と瑞牆山に単独行で登ってきた。

11月8日(土)
13:30 自宅出発
17:05 相模湖IC~韮崎IC中央高速利用し瑞牆山荘近くの
      植樹祭駐車場着
17:15 着替えて駐車場(標高1,520m)出発
18:55 富士見平小屋キャンプ場(標高1,810m)着、テント設営
11月9日(日)
04:00 富士見平キャンプ場出発
07:10 五丈岩着
08:00 金峰山山頂(標高2,599m)出発
10:00 金峰山小屋経由で富士見平キャンプ場着
10:05 富士見平キャンプ場出発
11:25 瑞牆山山頂(標高2,230m)着
11:30 瑞牆山山頂出発
12:05 富士見平キャンプ場着
12:25 テントを撤収し富士見平キャンプ場出発
12:45 駐車場着
13:00 駐車場出発
17:15 須玉IC~相模湖IC中央高速利用し帰宅

日の短いこの季節、土曜日は駐車場に着いたときに日が暮れて、最初からヘッドランプで登った。
日曜も完全な闇の中を出発、ヘッドランプを消せたのはやっと06:00頃であった。

おかげでガスる前に金峰山に登頂、雲海の上に富士山、南アルプス、中央アルプス、白山、八ヶ岳、北アルプス、浅間山・・・360度遙か遠くまでの山々を望むことができた。

残念なことに、写真のようにもう皆落葉、紅葉には間に合わなかった。
登山道には凍てついた雪が残っている、風が吹くと寒くてダウンジャケットを着込んだ、山はもう冬。

テント持参はきつかった2008/08/16 09:33

上:甲斐駒ヶ岳と左に伸びる鋸岳 下:持参のテントとザック
仙丈ヶ岳と北岳の山行、実は荷が18kgほどあった。

友人が「そのうち甲斐駒ヶ岳の北西に延びる鋸岳に行こう」というので、試しにテントを背負って行くことにした。これは、友人から「北沢峠から両俣小屋まではきつすぎる」と忠告され途中ビバーク可能なようにとの用意からでもあり、お盆で山小屋が混んでいるかもしれない、と思ったからでもあった。

ところが、テントは3kgもある4人用しかない。また、いつものザックには入りきらず、30数年前のキャンバス布製ザックを引っ張り出して使う事にした、これも3kgもある代物だった。単独行なので、それらを一人で背負わねばならない、何だかんだでいつもの山行に比べ10kg近く重たくなってしまった。

結果はけっこう厳しい、30数年前は20kgを越えるザックを背負って平気だったのに、足許がふらつく、肩に食い込む、息が上がる・・・年齢による衰えは隠しようもない。よろめいたり、一度だが左俣沢で足を滑らせ尻を濡らしたり、みっともない限りであった。山行の所要時間も、ガイド地図のタイムより若干速い程度とけっこうかかった。
梅干しおにぎりパワーで体力的には支障なかったが、これでは鋸岳は無理というもの。一泊二日露営でも、何とか荷を10kgに絞り込む工夫が必要のようだ。

北沢峠から仙丈ヶ岳、両俣小屋から北岳2008/08/16 08:14

上:北岳中腹からの仙丈ヶ岳 下:大仙丈ヶ岳あたりからの北岳
この盆休み、13~14日一泊2日で仙丈ヶ岳と北岳に登ってきた。

学生時代、甲斐駒の前に悠然と佇む仙丈ヶ岳が忘れられず、いろいろと登山計画を練った。結局、少々ハードだが、北沢峠から仙丈ヶ岳を経て両俣小屋に泊まり、そこから北岳を経て広河原に戻ることにした。

13日は、家02:00→(中央高速経由)→芦安05:10→(乗合タクシー)→05:55広河原06:50→(バス)→07:15北沢峠2030m→小仙丈ヶ岳2855m→11:30仙丈ヶ岳3033m→大仙丈ヶ岳2975m→伊那荒倉岳→独標→横川岳→野呂川越→17:30両俣小屋
14日は、両俣小屋2014m 06:45→左俣沢大滝→中白峰沢ノ頭→北岳3193m 10:00→北岳肩ノ小屋→白根御池12:30→14:00広河原1529m 15:00→(乗合タクシー)→芦安 南アルプス市営日帰り温泉白峰会館で展望風呂→(中央高速に入ったが渋滞で箱根、西湘バイパス経由)→21:00家

憧れの仙丈ヶ岳、南アルプスの女王と呼ばれるだけあって、岩場を配しながらもそのおおらかな山容、至る所がお花畑でこれでもかと高山植物咲き競い、まさに絶品であった。頂に立つと周囲を幾重にも囲む山岳、まさに南アルプスのボリュームに圧倒された。特に仙丈ヶ岳から大仙丈ヶ岳に至る岩場は圧巻で、写真撮りまくりであった。

両俣小屋からの北岳は、超絶な激しい登りの連続であったが、中白峰沢ノ頭の手前で一挙に森林限界を抜けると、左側の凄まじい絶壁、
右手に広がる美しいカール、その先にそびえ立つ北岳の偉容、圧倒的であった。

お盆休みの最中であるにも関わらず、仙丈ヶ岳から北岳手前までの間は行き交う登山者もわずかで、そんな中で言葉を交わしあう登山者は、皆気持ちの良い方々ばかりで、味わいのある静かな山行を味わうことが出来た。

日帰り鳳凰三山2007/09/23 22:32

地蔵岳オベリスク

昨日、以前から気になっていた鳳凰三山に登ってきた。
家を午前3:20に出発、高速を使わず青木鉱泉に7:00に着き、7:20に出発した。
青木鉱泉(標高1150m)→ドンドコ沢→鳳凰小屋(標高2382m)→地蔵ヶ岳(標高2764m)→賽ノ河原→赤抜沢ノ頭(標高2750m)→観音ヶ岳(標高2840m)→薬師ヶ岳(標高2780m)→中道→青木鉱泉
http://www.chizumaru.com/maplink.asp?SER=all&D=all&X=497999.634&Y=128514.22&SCL=7220
青木鉱泉に帰り着いたのは、日も暮れて暗闇の中の18:40。家にたどり着いたのは23:20。実に計20時間、歩行11時間で標高差1690mの山遊びであった。

ドンドコ沢の名瀑群を鑑賞しながらの急な登りはなかなかに楽しめた。鳳凰三山の半ば風化した花崗岩地帯はもう最高。這松地帯から突き出した白砂や岩峰群は見事で、岩登り遊びもし放題、子供心を刺激させられた。
もっとも、地蔵ヶ岳のオベリスク(写真、頂上に小さく黒く人影)は制覇できなかった。同じような単独行たちが我も我もと4人上ったので、私もと垂れ下がっているロープにチャレンジした。あと1mまで行ったのだが、背中を預ける壁も無くなり足掛かりも確保できなくなり、自信が無くてやめた。それまでの登りでパワーを使い果たしていたので、正しい選択であったと思う。
オベリスクの元にある胎内くぐりを抜けて、空中に突き出した岩の上で、霧と共に吹き上がってくるそよ風にしばらく吹かれていた。日常の事などきれいさっぱり拭い去られた。
滝見や岩遊び、それに霧が晴れるシャッターチャンスを待ったりで、計画よりもだいぶ時間を費やしてしまった。薬師ヶ岳を降り始めたのは15:40過きとなり、中道は巨岩ゴロゴロの急坂で歩きにくく、麓の林道に出たのは17:40、あたりはもう闇が迫っていた。地図をよく確かめずに歩き始めたものだから、幾度も道を間違えて日はとっぷり暮れてしまい、ヘッドランプ頼りにようやく駐車場に辿り着く事ができた。疲れた足を激励しながら暗闇の森の中を1時間も彷徨うのはけっこうきつかった。
途中仲良くなったパーティーの方々は、皆、鳳凰小屋や薬師小屋に泊まるという。御来光や明け方のすがすがしい山の空気を想い、羨ましく思った。

山など自然の中で遊ぶ場合、さまざまに判断力が試される。自己で負える範囲で楽しみたい。

腹筋200回2007/02/18 09:01

昨年あたりから腹筋を始め、とうとう連続200回を超えた。

腹筋、もちろん例の運動である。足先をテーブルの下に引っかけて床に仰向けになり、両手を頭の後ろに組んで、軽く膝を曲げた姿勢で、体をゆっくり起こしては戻すのを繰り返すだけ、単純な運動である。
よく、アメリカの歌姫が腹筋600回とかする、という話を聞いて、「へー、凄いな」と思ったのがキッカケ。確かに、歌を歌うのなら腹筋はそのパワーの源、腹筋を鍛えておけば、高音まで朗々と余裕をもって歌い上げることができる。カラオケ好きな人には絶対お勧め。

私は、別に、カラオケが上手くなりたいから、という訳ではない。1にも2にもまずは腰痛対策。そして、スーツのウェストがきつくなったとか、メタボリック症候群とかが気になって、そんな理由からである。
メタボリック症候群といえば、成人病検診では、今回から腹囲測定が始まった。白衣の女性にヘソを出して、メジャーで測ってもらうのはちょっと気恥ずかしい。それにしても、腹を意識的に引っ込めるとそうでないのとでは、数cmは違う。腹囲測定の基準はどうなのだろうか。
話が横道にそれたが、私は、脚の筋肉にはジョギングやスクワット、登山、上半身の筋肉にはダンベルや木刀の素振りをやっている。おかげさまで、筋測定マシンにかかったところ、筋肉の付きは全体的にバランスがとれているそうだ。脚と上半身の間の腹筋を鍛えれば、パーフェクトだな、そんな気持ちも無かった訳ではない。

どのように連続200回に至ったかというと、週1度ほど、休み休みしながら通算200回を続けた。最初は連続2~30回がせいぜいだったが、1、2ヶ月で7~80回となり、半年ほどでついに連続で200回できるようになった。だいたい、1~2ヶ月すると、連続可能回数が1.5倍位に伸びる感じだ。
ただ、100回を超えるあたりから、呼吸法がジョギングに似てくる。汗もかき始める。これから連続500回に向けてトレーニングしようと思うが、そうなるとちょっと手軽に、という訳にはいかなくて、それなりに着替えないとダメなのが悩ましいところ。

ただ、一つ障害がある。妻の居るところで腹筋をはじめると、面白がってかお腹に足を載せられ、できなくて頓挫してしまう。面白がってというより、「今更腹筋鍛えて何をしようというの!」ってところらしい。ひどいよー。

丹沢山行き2006/08/15 21:07

新大日から塔ノ岳へ

昨日、山に行ってきた。
盆休みとは言っても、家族サービスもあってなかなか忙しい。9時過ぎに家を出発、夕方5時には戻らねばならない。そこで、手近な丹沢にした。大倉/滝沢園から山道を走って新芽山荘脇の広場に車を停め、登山の装いに着替えて、空身でそこから戸沢-行者ヶ岳-新大日-塔ヶ岳1491m-花立-天神尾根-戸沢と一周した、標高差丁度1000mを登って下る、歩くこと3時間半。
http://www.chizumaru.com/maplink.asp?SER=all&D=all&X=501042.542&Y=127549.68&SCL=7343

せっかく晴れたと喜び勇んで出かけたのに山の上では生憎の雨、ほとんどは鬱蒼とした木立に遮られて雨も届かなかったが、表尾根道は本降りで、パンツまでビショビショになってしまった。もっとも、戸沢から行者ヶ岳へのきつい登りで、汗でとうにビショビショだったけれども。

ただひたすらに登り、下るだけ。何故そんなに無理して山に行くかというと、体がリフレッシュされるから。今日は、食欲・体調・精神・・・皆快調である。
山の霊気を吸うからか、激しい運動が体を目覚めさせるからか、自然の中で心が抑圧?から解放されるからか。
メカニズムはわからなくても成果は間違いない。弱り、へたってきた自分を回復させるには、山行きが一番である。